バンクエラ(BNK)とADKを徹底比較!同じユーロ圏で銀行の覇権をとるのはどっちだ!

エライズム飛鳥
こんばんは、エライズム飛鳥です。毎日Bankeraについて日本一詳しく考察しています→@asuka_eraism

 

今日は同じバンク系銘柄(銀行系)のBNK(バンクエラ)とADK(エイドスクニーン )を初心者にもわかりやすくに比較していきます!!

エライズム飛鳥
そして今日はなんと!ADKに詳しいあどまんさんをゲストでおよびしています!あどまんの兄貴
あどまん
こんにちは!ADKについてわかり安くブログ運営するあどまんです!今回の記事ではADKに関してはあどまんが記事を執筆しますので、よろしくお願いいたします。




そもそもなぜ比較するのか

エライズム飛鳥
まず初めに、バンクエラは暗号通貨時代の銀行をつくることを目的にしたプロジェクトということ。
あどまん
対するADKは匿名性と送金の速さを強みにし、富裕層をターゲットにオフショア銀行の設立を目的にしたプロジェクトということを頭に入れておきましょう。

※ADKは既存のオフショア銀行にADKを取り組むことで普及させるのですが、今回はそれを”設立”と定義しています。

エライズム飛鳥
どちらも”同じユーロ圏”で展開し、”仮想通貨を絡めた銀行の設立”を目的にしたバンク系銘柄なので、今回比較記事を作成するまでに至りました。

あどまん
ですです。比較の結論としては、一攫千金を狙うならADK、安定的に収益を目指すならBNKをおすすめします。

そしてBNKとADKは競合しません。

Bankera(バンクエラ)とは

エライズム飛鳥
まずBankeraは簡単に説明すると”暗号通貨の銀行を作る”ことをビジョンにしたプロジェクトです。

3月1日に終了し、ICOでは162億円の調達に成功し、世界ICOランキングで4位にランクインするほどの注目銘柄です。

BNK特徴

・自社取引所リリース(予定)
・Spectrocoinという販売所をすでに運営(会員数約84万人)
・ETHでBNK(バンクエラ)の保有数に応じて配当がもらえる
・バヌアツの銀行を買収
・デビットカードの発行
・多数取引所に上場決定

 

以上の点を抑えておけばだいたい理解できます。

エライズム飛鳥
一番の魅力はバンクエラの事業利益の20%がBNK保有者に保有量に応じて配当される点です。
あどまん
BNKの配当って上場後ももらえるんですか?
エライズム飛鳥
そのとおりです。今の所BNKを保有して入れば半永久的に配当を受け取る事ができます。

ADKとは?(エイドスクニーン)

あどまん
ADKは富裕層をターゲットにオフショア銀行の資産の一部を”ADK”として預金してもらうことが目的の通貨です。


特にADKの最高責任者のドンという方はオフショアの銀行員出身の方で銀行間の繋がりが多い様子。

仮想通貨トレードによってかなりの自己資産もあるだとか。

自分が富裕層だからこそ、「仮想通貨をつかったオフショア銀行を作ろう」と考えたんでしょうね。

オフショア銀行とは
いわゆる租税回遊の為の銀行、圧倒的に税率が低く設定された国の銀行であり、オフショア銀行に預けることによって富裕層は税金を逃れる事ができる。

 

ADK 特徴

・既に自社取引所作成済み
・オフショアバンク設立のために複数の国にの銀行を買収
・送金手数料無料にするため、ブロックチェーンではなく”DAG技術”を利用
・オンラインカジノでADK採用
・ミスタータンゴ銀行でデビットカード発行
・複数取引所上場予定
・日本人と韓国人が情報を先行しているので伸び代がある。

エライズム飛鳥
ADKはすでに銀行を買収しているんですか?
あどまん
いえ、買収はまだですね、しかしADKの事業を成功させるには銀行の買収が不可欠です。
エライズム飛鳥
それはBNKも同じですね。
あどまん
はい。ADKはすでにケニアとタンザニアの銀行の筆頭株主になっていることや、開発者のドンが18年間オフショア銀行で働いていたことによるネットワーク、また莫大な個人資産があることからADKが銀行を買収できる可能性は高いと言えるでしょう。
エライズム飛鳥
なるほど、ADKはかなり進んでいる様子ですね。

BNKとADKを比較してみよう

エライズム飛鳥
では早速比較に入っていきましょう!
猛虎魂あどまん
おどりゃ!鳥谷しゃきっとせぇ!
エライズム飛鳥
集中してください!笑

オフショア銀行を買収

【BANKERAがバヌアツ銀行を買収結局どうなんだ】詐欺か?マネロンの温床によりブラックリストに掲載

2018.01.30

バンクエラはすでに税金の支払いを回避できる南国のリゾート地にあるバヌアツ共和国のプライベートバンクを買収しています。

銀行のライセンスの取得と銀行業務を円滑にするために運転している銀行を買収してしまおうという話です。

なかなか合理的です。

エライズム飛鳥
買収した銀行は富裕層の顧客を対象にした小規模なもので、利益もほぼでておらず、あくまでも銀行を設立することを加速させる為の買収というものです。

ADKのほうはどうですか?

あどまん
はい!対するADKはすでにケニアとタンザニア銀行の筆頭株主に、さらにミスタータンゴというリトアニアの銀行とも提携を進めています。
あどまん
今後もAEOI非加盟国の銀行と提携をしていく予定です。


エライズム飛鳥
BNKよりも銀行買収、提携に関してはADKの方が一歩上手のようですね。さすが、18年間勤めていただけのことはありますね。
あどまん
はははは!!( ^∀^)

デビットカードの発行

エライズム飛鳥
バンクエラのデビットカードの発行日程は4月と予定されています。

そしてあらたなカード会社と提携し、4月に発行することが決まっています。

発行元のSpectrocoinにはすでに“84万人以上の会員”がいるので、発行した時の売れ行きはなかなかのスピード感になるでしょう。

Spectrocoinとは?会社概要 評判 今後の可能性 デビットカードと両替機能で覇権を取れ!!

2018.03.27
エライズム飛鳥
ADKでもデビットカードが発行されるみたいですが、いつ頃発行かは決まっているんですか?
あどまん
ADKではまだデビットカードは現在発行されていません。

今後提携を結んだミスタータンゴの元で発行していく予定です。

エライズム飛鳥
すでに84万人以上の会員数がいるバンクエラの発行するデビットカードはADKと比べるとバンクエラの方が進んでいますね。ははは!!( ◠‿◠ )
あどまん
……

発行枚数

エライズム飛鳥
BNKの総発行枚数は250億枚です。BTCで2100万枚なのでかなり多いですね。
あどまん
ADKは”総発行枚数2500万枚”とかなり少ないです。

発行枚数が多いとボラリティが高くなりますし、逆に多すぎるとボラが無くなります。

ADKの方が一攫千金を狙うという面では強いかもしれません。

自社取引所

エライズム飛鳥
バンクエラは自社で取引所を作ります。

これはBNKの流動生を上げるためでもあります。今はデモバージョンのみの公開で、バンクエラのロードマップから見た予想では今年の 6月ごろにリリースされるかと思われます。

バンクエラ取引所ではBNK建で取引をすると取引手数料が無料になるので、おそらくHuobiの次に流行る取引所になるんじゃないでしょうか。

【Bankeraが独自取引所を作る理由】デモ版の特徴、対応通貨についていろいろ考察したよ

2018.02.27

 

あどまん
対するADKはすでにADK専用の取引所を設立しています。

以前ADKは海外取引所「クリプトダオ」に上場していたのですが、「信用できない」という理由からリカルド氏は、ADKの上場を廃止させました。


廃止になった直後、クリプトダオのADKウォレットがすべて削除されるという事態が起こりました。

そのような経緯から現在は自社の取引所である「AidosMarket」でのみ取引を行うことができます。

あどまん
その時、ADKを全て失ったホルダーたちにドンは自腹を切ってADKを先分配したという伝説は有名ですよね。
対応通貨
ADKの取引所はADK/BTCのみとなります。

ADK取引所についてはこちら

エライズム飛鳥
ADKはすでに取引所運営されてるんですね、アフィリエイトもなく、取引通貨がADKのみだとバンクエラよりも拡散力にかける気がしますがいかがですか?
あどまん
確かに拡散に力は入れていません。しかしリカルド氏は広告、ICOで費用を集めることをしないことを一貫しています。
エライズム飛鳥
ほお

 

あどまん
広告に資金を費やするならプロジェクトをより良くするためにと断言しています。
プロジェクトさえ良ければ、自然と人は集まり話題になりますよね。

拡散力がなくても間違いなく知名度は拡大していくと自信をもっていえます。

エライズム飛鳥
なるほど!!ありがとうございます!

 

 

 再現性

 

あどまん
 対ADKは複数のオフショア銀行との提携を完了し、次にアジア、ヨーロッパを視野に入れています。

 

ADKの狙うオフショア市場は3300兆円といわれていて、1%でも握ってしまえば、全仮想通貨の頂点に君臨できるポテンシャルの持ち主です。(約400倍)

エライズム飛鳥
すでにオフショア銀行を買収し、ICOで162億円の調達、4月〜6月には多数取引所へ上場など、ロードマップどうりに着々とプロジェクトが進むバンクエラ。

仮想通貨時代の銀行を作り上げるプロジェクトはかなり再現性が高いものだと思っています。

あどまん
バンクエラってICO割れしませんか?
エライズム飛鳥
確かに、IOO期間が長かった事はICO割れする可能性になるでしょう。

しかしバンクエラもそれは織り込み済みで、ICO終了からすぐに上場せず。5月〜6月の上げ相場の段階で上場することを発表しています。

全ての通貨が上がっていて、新規参入も増えた状態での上場を迎えれば、懸念されていたICO割れは実質なくなるんじゃないかと思われますね。私は回転して枚数を増やしてみたいと思います。

BNKとADKは競合するのか?

エライズム飛鳥
BNKとADKはいずれ共同するのではという結論に至りました。

 

ADKが“オフショア領域”を、BNKが“一般銀行“をとそれぞれ狙う銀行が違い、しっかりと差別化できています。

直近で競合することはなく、将来的に同じ仮想通貨時代の銀行として先行するBNKとADKは、お互いの提携銀行と繋がり合う方が競合するよりも効率が良いです。

あどまん
そもそもADKは銀行で資産管理の用途で使われる通貨。BNKは今の所取引所のトークンと配当もらう用途なのでかなり違います。
エライズム飛鳥
ただ、デビットカード発行や、銀行買収など、動きが非常に似ているので、お互いの情報収集は必須かと。


バンク系銘柄の多くは2019年に銀行設立完了を目指しているので一番盛り上がるのは来年になるかと思います。

ADKとBNK結局どっち買えば良いの。

個人的な見解として“安定を求めるならBNK”、ADKは“一発逆転するためのチャンス銘柄”だと思います。

エライズム飛鳥
BNKのホルダーは35〜45の年代の方が多いです。ソースは私のブログのデータです。

また配当をもらえることから”安定志向”、”ガチホ”の方が多いかと思います 

 

あどまん
ADKは圧倒的スピード感で銀行提携にこぎつけ、いっきに”パンプ(高騰)”するような勢いを感じています。 

ADKは1ADK=70万円になると言われています。※現在1700円前後

エライズム飛鳥
ADKが70万円になるロジックってありますか? 
あどまん
ADKが70万円になる理由ですね。
エライズム飛鳥
はい 
あどまん

オフショア市場の規模は32兆ドル。

ADKは市場の0.5%のシェアを獲得することを想定しています。
もし0.5%のシェアを獲得できればADKの時価総額は160億ドル。

発行上限2500万枚なので、160億ドル÷2500万枚=6400ドル/枚

日本円に戻すと約70万円

 

あどまん
といった感じです!
エライズム飛鳥
ほおほお、ありがとうございます!

BNKとADKの情報を追うなら

エライズム飛鳥
エライズム飛鳥と
あどまん
あどまんを
エライズム飛鳥
フォローしておけば大丈夫ですよ!!
あどまん
フォローしておけば大丈夫ですよ!!

(笑)

BNKおすすめツイッター垢


@58kg65kg (エライズム飛鳥)
@BankeraJP(バンクエラJP公式)
@Tagayarou(公式の中の人)

エライズム飛鳥
BNKは情報発信者が少し少ないですね。ICOのアフィリエイトが終了してから、サイヤ人のごとく絶滅して行きました。

私はその生き残りです(真顔)

 

 

ADKおすすめツイッター垢


@jouhouakasanda(情報アカさん)
@crypto_SKR (SKRさん)
@admen_vc (あどまん)
@hironoyusui(Yusui Hironoさん)

あどまん
ADKはコミュニティが熱く。情報発信をしている方もBNKに比べると多いです。

まとめ

あなたは一攫千金派ですか?それとも安定派ですか?

どちらも期待のできる銘柄なので、あなたの好きな方を、または両方購入するとうのも一つの手です。




 

これからQASHが高騰する理由を見る