Bankera(バンクエラ )がHitbtcに上場!ICO割れの懸念がなくなった!

こんばんわ、本日バンクエラ がHitbtcに上場することが決定しました!!これはかなり好材料になると思います。

本日Bankera(バンクエラ )公式ブログHitbtcBNKが上場することが発表されました。

発表を見てすぐ執筆にあたりましたが、正直嬉しすぎて寝れません。

 

公式サイト参照

 

日本語訳↓




BNKがhitbtcへ上場

公式サイトの英文をまとめて訳すと

・BNKが hitbtc に上場することが決定

・ hitbtc の上場日程はすぐ更新するからまっててね

簡単にまとめました。

ICO終了までにBankera取引所、SpectrocoinHitbtcまでに上場できるのは素晴らしい好材料です。

確実に今日バンクエラのICOの購入にブーストがかかることになるでしょう。

hitbtcの取引所レベルは?

Hitbtcは登録はイギリスとされてますが、会社自体がどこにあるのかもわからず情報の少ない取引所です。

日本ではまだまだマイナーなんじゃないでしょうか。

取り扱い言語が英語対応のみなところをみると開発チームは英語圏の方で固められている。ターゲット層もユーザーも海外の方が多いかと思われます。

そんな Hitbtcですが実はあの国内最大取引所bitfyer(12位)を抜いて24時間取引高ランキングが世界で11位です!!

hitbtcの24時間取引高は約472億

bitflyer272億

zaif190億

bitbank 180億

上場先の取引所の影響力を調べる方法を紹介!※どこのサイトにも書いてません

2018.02.16

草コインやICO直後の通貨が多く上場し、これから10倍〜100倍になる可能性のある通貨に出会える可能性の高いことが特徴です。

草コインがおおく、素人が下手に手を出すと破産してしまうことから魔境という異名もつけられています。

Hitbtcの特徴

Hitbtc公式サイト

手数料が0.1%とbittrexの0.25%よりも安い

・草コインやICO直後の通貨を多く取り扱う

・取り扱い通貨は250強

・24時間取引高ランキング世界11位

・ユーザーは英語圏の人が多い

Hitbtcに上場するメリット

Hitbtcは取引高ランキングが世界で11位の大手よりの中堅取引所です。
セキュリティや会社名等の不透明な部分はありますが、bitflyerやzaifなどの取引所よりも取引量の多い取引所なので、BNKの売買がされることは大いに期待できます。

さらにバンクエラのICO時点でのユーザーは日本人が多いかと思われますが、Hitbtcは英語圏のユーザーが多いので、買いが入る可能性が高いです。


さらにICO割れを懸念されていたバンクエラ ですが、Hitbtcへ上場するまではおそらく売りは入らないでしょう。

なのでICO終了直後のICO割れへの懸念が払拭されたといえます。

Hitbtcへの上場日程は4月あたりになります。

バンクエラの上場先のHITBTC特徴 HITBTCで売り抜ける?

2018.03.13

 

今日はBNKの買いが多くなるかと思いますので、まだspectrocoinを開設してない方、BNKを購入されていない方で興味がある方は早めの購入をお勧めします。

まだバンクエラについて完全に理解できていない方はこちらへ

 

Bankera関連記事まとめ




2 件のコメント

  • はじめまして。ブログを参考にさせていただいています。

    基本的なことを質問しますが、hitbitの取引所に上場したとしてスペクトロコインからどうやってbnkトークンをhitbitに送金するのでしょうか? 今の状態だと送金できないようになっていると思うのですが? 私がよくわかっていないのでしょうか。

  • はじめまして。
    海外におりましてお返事遅れてすみません。

    現在はまだhitbtcに上場していないのでBNKは送金できなくて当然だとおもいますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。