仮想通貨業界氷河期に突入。2018年の今後の展開予定をまとめてみた

こんばんわ、2018年初年度から仮想通貨に参入した人たち息してますか?笑

それより前から初めていた人もしくわ、まだ初めていない人はは元気そうですね。

私は年始以前から初めていましたが、何をトチ狂ったのか320円でXRPを掴んでしまい、大損をこきました。笑

先日のcoincheckのハッキングや海外の規制が相次ぎ仮想通貨全体の価格が大暴落したことで、損をした人は仮想通貨取引からリタイアした方も多いと思います。

これから仮想通貨業界はこのまま衰退するんでしょうか、それとも今を底値にまだ盛り返すのでしょうか。

私はここを底値にもう一度盛り返すと見ています。仮想通貨が終わる気がしない理由を書いて行きたいと思います。

 

SBIバーチャル・カレンシーズが始動

金融業界で超有名なSBIが仮想通貨取引所をリリースします。

12月にすでに先行予約が始まり、一般の方むけは2月の後半になるみたいです。

SBIは株、証券、銀行、住宅ローン、幅広くインターネットにでの金融業界を1999年から牛耳る大手企業なので、信頼は絶大ですね。

もともとソフトバンクの子会社としてスタート、代表の北尾吉孝さんは孫さんに力をつけてもらったと行っても過言ではないですね。

個人的にはこの材料だけでまだ仮想通貨からフェードアウトしない理由は十分かと思います。

これだけの大手企業がこれから仮想通貨取引所に参入するということは、まだまだこれからだろ!というメッセージかと思います。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトはこちら

コインチェックがつけた傷は大きいが仮想通貨が悪いわけではない

これだけ価値が暴落した理由としてコインチェックから約580億円分のXEMがハッキングされた事が一つの要因ですが、これは仮想通貨を管理するコインチェック社のセキュリティが甘かったというだけのことです。

ブロックチェーンの技術に欠陥があったわけではないということです。

仮想通貨自体は分散型管理で中央もなく、例えばBTCをハッキングしようとしたところで、どこにハッキング攻撃をかければいいのかわかりません。

それを取引所に預けるということは一箇所にbtcを集めている事になるので、攻撃を食らってもおかしくはないわけです。

実は取引所に資産をおいて置く事は一番危険だったんですね。

2018年は分散型取引所(DEX)が日の目を浴びる

2018年は分散型取引所が日の目を浴びることになるんじゃないでしょうか。

分散型取引所はブロックチェーンの本来の技術をいかし、中央をなくし、ハッキングのリスクやカウンターパーティのリスクを減らしてくれる理想の取引所です。

しかし分散型取引所は取引や入金の旅にブロックチェーンに記帳しないと行けないことから現状実用的ではない手数料がかかります。

しかしそこはどんどん改善されて行くかと思いますので、これが実現されれば仮想通貨の未来は明るいです。

XRPは技術的にこれから実用化されていく

XRPはすでに多くの銀行で国際送金のプラットフォームとして実装される事が決定しております。

日本の有名銀行でいうとSBIを筆頭にゆうちょ、みずほ、りそななどなど、見覚えのある銀行もあるんじゃないでしょうか。

提携銀行一覧参照

XRPは現在の国際送金にかかるコストを減らすという明確なビジョンがあり、これからどんどん価値が高まっていくでしょう。

このように実用的な通貨だけが残り、詐欺のような実用性のない不透明な通貨がどんどん淘汰されていくことが予想されますね。

多くの日本企業がすでにマイニング事業に参入している

  • サイバーエージェント
  • GMOインターネット
  • SBIホールディングス
  • インフォテリア
  • DMM.com
  • ロックオン
  • ボヤージュ
  • リミックスポイント
  • ニューアート

などなど他にもたくさんありますが、これだけ日本企業が参入している業界今年でいきなり衰退するとは個人的にはおもえません。

 

仮想通貨について勉強するのは今からでも遅くない

正直まだまだ仮想通貨とはなんなのかわかってないまま投資している人が多すぎます。

正直もう仮想通貨を通貨として捉えることはナンセンスです。

仮想通貨はものを分散管理できる、中央を置かないことで大きな組織からの圧力をうけづらいこと、ハッキングやデータがなくなるリスクがへる、様々な仲介手数料をなくすことができる、新しい人と人の繋がりのあり方だと思った方が理解が早いと思います。

ICOなんか特にそうで、発行されるトークンなんて通貨としての役割なんかないですからね。

今からでも遅くありません。ブロックチェーンとマイニングと仮想通貨についての関係性を今一度学び直してみましょう。

これから仮想通貨取引を始めるなら今はチャンスだと思う

ほぼ全ての通貨の価格が暴落した今、2018年組は大きな参入チャンスだと思います。

もちろんここからまだ価格は下がる可能性もあるので、投資は余剰資金で自己責任です。

今回の暴落で私も利益がかなり減ったので、やはり余剰資金でやるべきだなと実感しています。

また将来自分で起業したいなと思っている方にとって、ブロックチェーンや仮想通貨について勉強することは今後新しいビジネスモデルを考えるに当たって、すごくいい刺激になるんじゃないかなと思います。

 

日本で一番Bankeraについて詳しい記事を書いてます。Twiterでも他とは違った視点でBankeraについて話しているのでもしよかったらフォローお願いします。 質問等DM頂ければ秒速で返します。





おすすめ取引所

bitbank


QUOINEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です