【注目銘柄:QASH】LIQUIDとの関係性 GOPAXの上場からみた今後

こんばんわ、今日はバンクのおすすめ注目銘柄のQASHについて徹底解説していきたいと思いますので最後までお使いいただければと思います。

巷ではcoincheckを使っていたユーザーたちが他の取引所に流れているみたいですね。

これを機会に全ての取引所を開設し、リスクヘッジをしておいた方が良いのではと思います。

特にbitbankQUOINEXにユーザーが流れているようです。

今回はQUOINEXで購入することができる注目銘柄のQASHについて書いて行きたいと思います。

【XRP おすすめ取引所】6種類の取引所の手数料、スプレッド、安全面を徹底比較!

2018.01.27

 




 

QASH概要

発行名:QASH

コード:QASH

発行総枚数:1,000,000,000 QASH

発行会社:株式会社QUOINE

取り扱い取引所:QUOINEX

公式サイト:https://liquid.plus/ja/

QASHは直近では株式会社QUOINEが進めるプロジェクト「LIQUID」内で使われる予定、また長期でみると仮想通貨に限らずあらゆる金融業界で決済や送金に使えることを目標にしたBTCやETHに続く世界の基軸通貨にを目指したトークンです。

世界の取引所をまとめるLIQUID

株式会社QUOINEが手がける大型プロジェクトLIQUID。

この中で世界で使われるトークンがQASHです。

LIQUIDのプロジェクトは壮大です。

ついてきてくださいね。

一言でいうと世界の全ての取引所をLIQUIDのプラットフォームで一括管理することができるようにするとプロジェクトです。

LIQUIDは仮想通貨業界が抱える根本的な課題、「流動生の悪さ」と「自国通貨での取引ができない現状」「各国の取引所での価格差が大きい」大きくこの三つの課題を解決することが目的です。

課題1.流動生の悪さ

自社で取引量をコントロールすることができない小規模の取引所は世界数多く存在します。

その取引所の取引板をLIQUIDのプラットフォームで繋げることによって流動生を促し、収益性をアップさせる事を達成します。

課題2.自国通貨での取引ができないこと

ピンと来る方多いと思いますが、現状日本の取引所でも円で購入できないアルトコインがたくさんありますよね。

実際binanceやbittrexではドルでは購入できますが、円では取引することができません。それらをLIQUIDノプラットフォームで解決し、世界中の国が自国の通貨建で通貨を購入することができるようになります。

 

課題3.各国の取引所での価格差が大きいこと

例えば韓国の取引所と日本の取引所では価格差がとても大きいですよね。

一度アビトラを本気で試みた筆者も韓国のセキュリティの高さに完敗しました。笑

韓国の取引所ってとてもセキュリティが厳重で4段階認証まであるみたいで、自国の人間以外は口座開設することができないんです。

話はそれましたが、この各国の取引所の価格差を無くし、皆平等に取引ができるようになる事を目標に掲げています。

 

 

LIQUIDの再現性

LIQUIDの掲げる三つの課題「流動生の悪さと」「自国の通貨で取引ができない現状」「各国の取引所での価格差が大きい」を解決するのってかなり難しそうですし、世界の取引所をまとめるなんて結構だれでも思いつきそうですが、再現性にかける気がします。

世界の取引所をまとめるってすごいですけど、本当に再現性があるの??

本当に再現性があるのかをみて行きましょう。

以下の3本の矢でこの問題を解決していきます。

  • マッチングエンジン(ME)
  • クロスカレンシー換算エンジン(CCCE)
  • スマートオーダールーティーン(SOR)

以上の3つの技術がLIQUIDの再現性を確固たるものにします。

マッチングエンジン(ME)

引用元:ホワイトペーパー

マッチングエンジンは数十年に及ぶ金融工学研究の経験をいかし、1秒間に数百万件の取引をさばくことができる業界最先端のマッチングエンジンです。LIQUIDにはこれが搭載されます。

これにより世界の取引所を一括管理しても世界の取引をLIQUID一つで裁くことができるということです。

クロスカレンシー換算エンジン(CCCE)

引用元:ホワイトペーパー

クロスカレンシー換算エンジンは一瞬で各通貨の為替換算をする事ができる技術です。

どんな通貨でも一瞬で相場に合わせて通貨を換金してくれます。

これは「自国の通貨で取引ができない現状」の課題を解決する裏付けに繋がります。

例えば、円/XRPでの 注文とUSD/XRP売り買いの注文をマッチングさせることができます。

全ての国が取引画面で自国の通貨の相場で取引板をみることができ、別々の通貨建で取引する際に一瞬で換金してくれるスーパーシステムです。

これが実現すればもうたくさんの取引所を開設する手間も省けますし、アルトコインのチャートがすべて円建てで目視することができるのでかなり便利になるでしょう。

これはわかりやすい!!

スマートオーダールーティーン(SOR)

引用元:ホワイトペーパー

世界中の取引所の取引板の情報をリアルタイムで表示することができる機能です。

各内部取引所で取引がマッチングしなければ自動的に外部の世界中の取引所とマッチング作業が行われ、流動生がアップするというメリットがあります。

 

以上の3つの独自の技術を元に世界をとりに行くという裏付けです。

英語サイトを自動翻訳してくれるクローム拡張機能紹介

 

 

LIQUID実現によるメリット

これが実現すればあなたは複数の取引所を開設する必要もなければ取引所間の送金のリスクもなくすことができます。

  1. 複数の取引所を開く必要性がない
  2. 送金する必要もないからセルフGOXのリスク減少
  3. 取引所の価格差に消耗しない
  4. 円ですべての通貨が購入できる。

取引所間の送金によりるセルフGOXや高い送金手数料の餌食になることもありません。

私もセルフGOXの経験が二回ありますので、送金をしなくてよくなるのは正直嬉しいところですね。

QUOINEX一つで事足りるようになります。

取引所間の価格差に消耗することもなくなりますね。

ぜひ応援したいプロジェクトです。

LIQUID実施によるデメリット

各取引所の価格差が同じになり、アビトラができなくなるので一部の人はLIQUIDに対して後ろ向きに考える人もいるかとおもわれます。

また仮想通貨は非中央集権の性質が当初BTCをはじめ注目を浴びていましが、これって中央集権になっていってしまうのではないのか?と個人的に思ってしまいました。あくまで個人の見解です。

 

LIQUID実施による各取引所のメリット

LIQUIDに世界中の取引所が参加するメリットは収益がアップすることです。

世界中の取引所の顧客を共有することができるわけですから、弱小取引所はすぐでも参加するんじゃないでしょうか。

最初に大手取引所の参加が決まればそこからの浸透速度は早いと思います。

そしていつかLIQUIDに登録していることが安全性の担保になり、ブランディングになるのではと思います。

例えば今飲食店をやっていて、食べログやぐるなびに登録することは集客目的というよりもブランディング、そこに登録されていないと飲食店として認められないような雰囲気が漂っていますよね。

プラットフォームって作ってしまえば本当に最強ですよね。

技術と人脈と資本で後発でも全てを飲み込んで行く力を感じます。


そしてLIQUIDで基軸通貨として使われるQASHの価値は未知数ですが、かなり今後期待できるんじゃないでしょうか。

QASHの時価総額とチャート

現在の価格94円と仮想通貨全体の下げ相場に惹かれて価格落ちてきています。

年始あたりで高値づかみした人はかなり苦しいでしょうね。

 

今から購入するにはとてもいいタイミングです。

100円以下で購入できるのは正直チャンスかなと思います。

ICO終了後に50円から150円と3倍にあがり資産が5億円→15億になった人が話題になっていました。

時価総額は現在592億円です。

参照元:https://www.coingecko.com

QASHの評判

QASHの今後

QASHを購入できるQUOIEXは最近まであまり日の目を浴びていませんでしたが、先日のcoincheckのXEMのハッキング騒動から取引所のセキュリティに関して見直すようになり、賢い人はすでに高いセキュリティを誇るQUOINEXに資金を移している傾向にあります。

1月26日にXRPが上場したので私もcoinchekの取引制限が解除され次第QUOINEXにXRPを移そうと思っています。

【XRP おすすめ取引所】6種類の取引所の手数料、スプレッド、安全面を徹底比較!

2018.01.27

ということは?

QASHの取引量も増える→価値は上がる。

というムーブメントになってくると思うので今後価格が上昇するかと思われます。

 

QASHがGOPAXに上場

先日韓国ソウルの取引所GOPAXにQASHが上場を果たしました。

サイトと公式ツイッターを載せておきます。

公式サイト:https://www.gopax.co.kr/cryptocurrency 

公式ツイッター:https://twitter.com/GOPAX_kr

GOPAXに上場した影響力は?

GOPAXは韓国の中堅取引所になります。

国内で唯一国から許可をもらって運営していることを謳っている会社です。

2018年2月14日の24時間取引高は約90億円

https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/gopax/

まあまあですね。

他の国内取引所と比べると。

bitfyer 約272億
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/bitflyer/
binance 約 2227億
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/binance/
zaif 約190億
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/zaif/
bitbank 約180億
https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/bitbank/

 

まあ少ないほうっちゃ少ない方ですね。

あとその中でもQASHの24時間取引高は29000円と超少ないです。

影響力は今のところほぼなさそうですね。

 

QASHを取り扱うのはQUOINEX

QASHを購入することができる国内取引所は現在はQUOINEXのみとなっています。

株式会社QUONEが運営するQUOIENXですが、シンガポールが本拠地で、日本でのマーケティングに以前まで力を入れてなかったことが原因で最近まであまり注目されていなかった取引所です。

私も開設はしていましたが、あまり使ってはいませんでした、QASHを少し買っておいたくらいです。

ですが、最近のcoincheck騒動からいっぺんし、QUOINEXの人気が高まっており、新規会員の登録詰まりがおこるほど会員が流れているようです。

だからどんな取引所でも早めに開設しておいた方がいいんですよね。

【QUOINEXの特徴を徹底解説】手数料無料 セキュリティ万全 

2018.01.09
ワードおさらい
・QASH:株式会社QUOINEが発行するトークン
・株式会社QUOINE:QUOINEXを運営する会社
・QUOINEX:株式会社OUOINEが運営するQASHが購入できる国内取引所
・LIQUID:世界の取引所をまとめるプロジェクト

 

注目のQUOINEXのセキュリティ

coincheckからユーザーが流れていると先述しましたが、QASHのテレグラムでQUOENEXのセキュリティが最強だと判断できる連絡が代表の柏森さんのメッセージで明らかになりました。

テレグラムとは?
LINEグループのようなコミュニティアプリです。アプリをダウンロードすると使えます。
英語でTelegramと調べるとでてきます。

 

 

まとめると

  • 100%コールドウォレット管理体制
  • 出コインアドレスのホワイトリスト化
  • プライベートサーバー
  • 二段階認証の必須
  • API出金の禁止
  • コールドウォレットに対応しない通貨の取り扱いを禁止etc,,

コインチェックのが今回ハッキングされた理由はXEMをホットウォレット管理していたからでもありますよね。

それを踏まえてすべての顧客の資産をコールドウォレット管理してくれるみたいです。(どんだけ金あんだ)

もしAPIキーをクラッカーに盗まれたとしてもAPIキーを不正利用した入出金をあらかじめ禁止することによって不正出金を防いでくれます。

以上の面からQUOINEXに資産を移している人が増えています。わたしもそのうちの一人です。

現在の取り扱い通貨はBTC、ETH、XRP、BCHの4つです。

QUOINEXの開発陣営の経歴がすごい。

QUOINEXを開発している社員の方々の経歴がかなりすごいです。

• 金融機関:ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、クレディ・ スイス、シティグループ、バークレイズ、UBS、ANZ、ユニオン・バンク、ラボバンク、ウ ェルズ・ファーゴ・バンク、ブルームバーグ、プライスウォーターハウスクーパース、シン プレクス、スコッティ・D・グループ、キャピタル・マーケッツ・トレーディング等

• インターネットおよび技術:ソフトバンクグループ株式会社、サムスン、シンガポー ル・テレコム、BSB、ハイク、ガンホー・オンライン・エンターテインメント、グラブ、ル クソーラ、プロティビティ、SAP等

• その他:三菱商事、アンダーソン・コンサルティング、エア・アジア、セフォラ等

参照元:ホワイトペーパー

なだたる有名企業出身の方があつまったまさにエリート企業です。

注目すべきは元金融業界にいた人が多く、国際的な人脈に関しては国内1位かと思います。

なので世界の取引所をまとめていくプロジェクトにおいてQUOINE社は人脈がによって優位性をもっているいえます。

実際に今後が銀行業務の資格を取得し、金融業務の幅を広げて行く予定です。

すでに世界中の銀行と提携交渉しており、日本、米国、EU、台湾、シンガポール、フィリピン、 インドネシアにおいては提携が完了しているみたいです。

仮想通貨事業がマイナスイメージをもたれる今の状況でここまで世界に手を伸ばしていることは素晴らしいです。

QASHの買い方

QASHが購入できる国内取引所はQUOINEXのみです。

なのでまずはQUOIEXの取引所を開設しましょう。

QASHの開設方法はこちらから↓

【QUOINEXの特徴を徹底解説】手数料無料 セキュリティ万全 

2018.01.09

QUOIEXの取引画面で一番右にある銘柄検索のところで「QASH」と打てばでてきますよ 。

 

まとめ

QASHを購入するため、自分の資産を守るためにQUOINEXへ資産を移すことをおすすめします。

新規参入が増えているので早めの開設をおすすめします。

私は申請から22日ほどかかってやっとハガキが届きました。

 




仮想通貨、アフィリエイト、就活、東南アジアに関して質問等あれば気軽にTwitterにDMしてください!



おすすめ取引所


おすすめICO(バンクエラ)




仮想通貨の銀行を建設するために資金調達中。

2月末までに200億円集める予定スペクトロコインへの上場が決定しております。

アドバイザーにXEMの代表がいることや、ICOの中でもとても手堅い印象を受けます。

興味がある方はよかったらみてください。

bitbank(XRP買うならここ!)



XRPを国内で買うならここが一番安くておすすめですよ!

bitbankのユーザー数はどんどん増えてるんで 早めの開設をおすすめします。

しかも取引手数料全て無料キャンペーン中です!

絶対に開設マストです!

QUOINEX(中級者むけ)



日本だけでなくアジアにも展開し、海外取引所と10社以上と提携しているのでスプレッドが狭いです。

これから上がる可能性が高いQASH取り扱い唯一の取引所なのでCheck!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です