北朝鮮のミサイル発射とビットコインの関係性、政治的混乱で4月にビットコインの価格は上がる。

ビットコインは昨年11月ごろから年末までにかけて急激に価格を上昇させました。

ビットコインの価格の高騰の裏側にはたくさん要因はありますが、北朝鮮のミサイル発射とインサイダー取引が大きく関係していると思い、そしてこのこの考察が今後の取引に役立つだろうとおもい記事にしました。

北朝鮮のミサイル発射はビットコインの価格を上げる

これをみて頂きたいのですが、北朝鮮のミサイルが青森県の西方約250キロメートルに落下した日が11月29日です。

そしてビットコインの価格が急激な上昇トレンドを作り出したのも北朝鮮のミサイル発射と同じタイミングです。

ビットコインは政治的混乱時に価値があがります。

戦争や内乱が続く国では自国の通貨に価値がいつなくなるかもわからない不安と信用がないことから、すでにベネズエラ、ジンバブエ、韓国では仮想通貨はとても流通しています。

それは自国の政治や通貨を信用していないからです。

そして北朝鮮のロケットが放たれたり、トランプが北朝鮮を挑発するような発言をするたびに、周辺国の日本、韓国ではビットコインの価値が自分の資産を逃す場所として選ばれ価値が上昇しています。

北朝鮮のインサイダー取引

引用元:yahoo news

北朝鮮は自国がミサイルを発射すれば世界経済の相場が動くことはわかっているでしょう。

ということは北朝鮮は自分たちのミサイル発射のタイミングで相場を動かし、先に仕込んでおくことで大きく稼ぐ事ができるでしょう。

北朝鮮がミサイル開発をやめずつづけて発射する理由はここにもあるのかもしれませんね。

北朝鮮が韓国のビットコインをハッキング

北朝鮮は世界の大半から切り離された独立国家です。

そのため資金を調達を支援してくれる国も表上ではないのですから、ビットコインやその他匿名性のあるアルトコインで資産を裏ルートから溜め込み、隠し持つことは用意に想像できますね。

先日韓国の取引所で北朝鮮のハッカーと思われるアドレスからハッキングが相次ぎ時間になっていました。

北朝鮮はおそらく仮想通貨の関心がとても高いんだろうなということが想像できます。

北朝鮮はアメリカとグル

これは完全に個人的な見解ですが、北朝鮮とアメリカがグルな可能性もあるんじゃないのかなと思います。

北朝鮮とアメリカは裏で繋がっていて、この二つの国で相場を動かすために一芝居うっているのではないかと。

北朝鮮とアメリカの戦争は4月!?

なぜ北朝鮮とアメリカの戦争は4月なのかというと、今年の2月9日〜25日までピョンチャンオリンピックが韓国で開催されるので、そんな時にアメリカは戦争をしないと思うからです。

2月が終わり3月後半〜4月あたりに戦争が勃発するんじゃないかなと思いますね。

まとめ

今後も北朝鮮の動向は随時おっていきましょう。

以上のことから仮想通貨の相場は仕手の動きが3月ころから現れ、4月に急騰する可能性があるんじゃないかなと思っています。

ビットコインん価値が上がればアルトコインの価値も相対的に上がっていくことは皆さんもご存知でしょう。

最近大暴落を果たした仮想通貨、今が買い時なので新規参入の方は参入するなら今年は今が最大のチャンスなんじゃないでしょうか。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。