【TRON(TRX)】TRON(TRX)]好材料多数のおすすめ銘柄!購入取引所、時価総額、チャートを紹介!

こんばんは!

2017年末はBinanceが人気となり、色んな通貨が高騰しました。

今回は、そのBinanceで扱われている中でも
人気のTRON(TRX)についてご紹介していきます。

 

 

好材料が多すぎてこの記事を読んだ人は読み終わったあとに必ずTRXを購入してますよ(笑)

 

TRON(TRX)とはどんな仮想通貨?

TRON(TRX)はブロックチェーンと分散型ストレージ技術を活用し、誰でもエンターティメントシステムを構築、発信ができるようにするプロジェクトです。

分散型ストレージとは?
多くのサーバーを繋げて、大きい仮想通貨ストレージを作る仕組みのことです。

 

ストレージを分散させる利点は、トラブルなどによってサーバーがダウンしてしまってもすぐに復活することができる点です。

このTRONという分散型プロトコルは、ユーザーが自由にデータの公開や保存を行うことができて、
デジタル資産の公開、流通や処理をすることによってコンテンツを作ることができます。

誰でも無料のエンタメシステムを構築して、世の中に発信できるということですね。

将来的にはyoutubeのバージョンアップされたようなものが作られていくのか?

 

ICO開始30秒で完売

TRON(TRX)はBinanceでICOが行われた際、30秒で完売してしまうほどの圧倒的人気ぶりを見せました。

界隈の超有名人であるジハン・ウー氏が投資している仮想通貨とされていることが要因だと思われます。

さらに、2017年12月中国のOKExという取引所新規上場が発表され、価格を高騰させました。

OKExとは?
BITCOIN CASH(BCH)を基軸通貨に加えたことで話題になった中国の取引所で、
あまり日本では話題になりませんが、世界6位の取引高をもち世界では注目されている取引所です。

ライブ配信サービス「Peiwo」に導入決定

中国で人気のライブ配信サービス「Peiwo」でTRONの導入が決定しました。

日本でいう最近広告でよく見かけるTik Tokのようなサービスですね。

会員数が1.000万人を超えているサービスで、PeiwoユーザーがTRONを使うことでも知名度などが上がるのは間違いなしですね。

Obikeとの提携が決定

シンガポールのObikeという自転車のシェアサービスとTRONとの提携が発表されました。

Obike はシンガポール初の自転車シェアサービスを提供する会社で、
創立1年にも満たずして20カ国で1,000万人もの会員を持つ企業です。

特に2017年4月にサービス開始した台湾では急速に普及し、現在では台湾のほとんどの地域で使われているみようです。

どのようにTRON(TRX)が使われるのか、
提携内容の詳細は未発表ですが、どのような提携になるとしても好材料と思われます。

支払いなどに使われるとなると、更に知名度も上がりますね。

日本の取引所に上場目前

先日TRXのCEOJustin・Sun氏が中国LIVE配信サービス17で日本取引所に上場を予定を公言したことで話題になっており、公式ツイッターでも上場をほのめかす事をツイートしています。

日本の金融庁に許可証を申請し、日本の取引所に上場する予定と書かれています。

時価総額現在13位なので、全然ありえる話だと思われます。

Justin・Sun氏が日本取引所zaifをフォローしていることからzaifへ上場するのではないかと言われています。

zaifは開設しておいた方が良さそうですね。

 

以前に日本に打ち合わせのため日本に来てたみたいですね。ほぼ日本上場確定でしょうね。好材料おおすぎでしょ。

アリババ提携の噂

TRXが中国最大手のECサイト企業のアリババと提携するかもしれないということで価格が動いています。

アリババとは?
アリババは中国のEコマース企業「Alibaba Group(阿里巴巴集団)」が運営するECサイトです。
中国人ユーザー限定ですが、すごいマーケットを牛耳る大企業で、あのsnaapchatを買収しています。
・時価総額およそ25兆円(日本1のトヨタより高い)
・ソフトバンクと提携
・孫さんと深い関係にある

 

アリババの開発グループがTRXの開発にジョインしたというツイートです。

いや、もう買うしかない(笑)

 

 

TRON(TRX)の価格

TRON(TRX)のこれまでの価格変動がこちらです。

 

2017年の7月に取引開始のTRON(TRX)ですが、12月に入ってから急激に価格が上がっています。

現在はピーク時より少し下がり、日本円で約14円です。

 

TRON(TRX)の時価総額は?

TRON(TRX)の時価総額は、2018年1月13日現在で13位まで上がっています。

コインチェック銘柄で有名なMonero(XMR)をも抜いていますね。

TRON(TRX)の将来性

TRON(TRX)は今後のロードマップが公開されています。長期計画ですね。

そのロードマップによると、

2017年8月〜2018年12月Exdus

エクソダス
P2Pや分散型コンテンツで音楽や動画などのデータのアップロード、保存や配布の仕組みを確立。

2019年1月〜2020年6月Odyssey

オデッセイ
データの提供者に公正なリターンがあり、公平にコンテンツを競争することができる。

2020年7月〜2021年7月Great Voyage

グレートボヤジュ
ブロックチェーンのメリットを元に、所得配当の支払いやサポーター管理の重要な管理問題を解決。

2021年8月〜2023年3月Apollo

アポロ
各コンテンツの製作者が独自のトークンを発行することをサポート。

2023年4月〜2025年9月Star Trek23

スタートレック
分散型オンラインゲームを提供するプラットフォーム。

2025年9月〜2027年9月Eternity

最終的にはオンラインゲームプラットフォームを確立させる。

ゲームの開発者はTRON(トロン)と通じてゲーム開発資金を獲得し、共通投資家がゲームに投資できるようになる。

 

以上の6つの段階を踏んで成長していくというロードマップになっています。
どれも名前がかっこよすぎますね(笑)

6つとも難しいことが書かれていますが、最終的にはオンラインゲームのプラットフォームを確立させることを目標にしてるということですね。

更に界隈で有名なマカフィー氏は、先日このようなツイートをしてました。


「TRONは長期保有向けの通貨で、途中で撤退する人は負け組になる」

とツイートをして、界隈でもこのツイートが騒がれました。

TRON(TRX)のプロジェクトはまだまだこれからなので、どうなるかの予測はあまり発言できませんが、ロードマップから見て長期的な保有も考えた方がいいかもしれません。

 

TRXの情報収拾方法

TRXの情報収拾をするためにはおすすめツイッターアカウントをご紹介しますね。

まずTRXのCEOのJustin・Sun氏のツイッターのアカウントです。

英語表記ですが、仮想通貨は1次情報を取る事が非常に重要なのでグーグル翻訳などを駆使してここから情報収集することをおすすめします。

 

もう一つはトロン係長さん。

あえて係長を選ぶ謙虚な姿勢が個人的に好きです。

海外発信の英語表記の1次情報を日本語翻訳して我々ジャパニーズに発信してくれるので非常のお世話になっています。

TRXを保有するのであれば係長をフォローするのはマストですね。

 

TRON(TRX)購入方法

TRON(TRX)は2018年1月現在、まだ国内の取引所で買うことはできません。

海外取引所には、多く扱われていますがオススメは以前紹介したBinanceです。

理由はTRON(TRX)の取引量はBinanceが一番なことと、
以前紹介したように、日本語に対応しており手数料もBittrexなどに比べても激安な事からです。

ここ最近日本でもBinanceを利用する人が急増しています。


binance開設記事はこちら

TRX購入の流れ

  1. 国内国内取引所でBTC、ETH、XRPのどれかを購入
  2. binanceに送金する
  3. TRXを購入する

おすすめな国内取引所は最後に書いていますのでそちらをご覧ください。

すでにBTC、ETH、XRPをお持ちの方はそのままbinanceに送金して購入してみてください。

送金方法注意点

binanceに送金する時に限った注意ではないですが、国内取引所から海外取引所に通貨を送金する際はアドレスを間違えないように気をつけてください。

アドレスを間違えるとあなたの資産はもう帰ってきませんよ。海外取引所のサポートは受けられないと思っておいた方がいいですからね。

私も初めて送金する際は手が震えましたが、慣れれば簡単です(笑)

 

送金アドレスの見つけ方は

資産から

 

預金の引き出しを押して

もっている通貨を検索

※送金速度が早いETHかXRPがおすすめ。ですが、XRPは一番送金速度が早いですが、そのまま買う事ができず一度変換しないとだめなので注意!

預金をおす

ここの送金アドレスを送金元の取引所にコピペすればOK!

まとめ

TRON(TRX)はまだまだこれからの仮想通貨なのです。

今はまだ安い額なので、ガチ保枠銘柄として少額仕込んでおくのがいいと思います。

ちなみに、僕は少額仕込んでます^^

中国最大ECサイトグループのアリババ提携の噂もありますので今後のどうこうに要注目です!




 

仮想通貨、アフィリエイト、就活、東南アジアに関して質問等あれば気軽にTwitterにDMしてください!



おすすめ取引所


おすすめICO(バンクエラ)




仮想通貨の銀行を建設するために資金調達中。

2月末までに200億円集める予定スペクトロコインへの上場が決定しております。

アドバイザーにXEMの代表がいることや、ICOの中でもとても手堅い印象を受けます。

興味がある方はよかったらみてください。

bitbank(XRP買うならここ!)



XRPを国内で買うならここが一番安くておすすめですよ!

bitbankのユーザー数はどんどん増えてるんで 早めの開設をおすすめします。

しかも取引手数料全て無料キャンペーン中です!

絶対に開設マストです!

QUOINEX(中級者むけ)



日本だけでなくアジアにも展開し、海外取引所と10社以上と提携しているのでスプレッドが狭いです。

これから上がる可能性が高いQASH取り扱い唯一の取引所なのでCheck!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です