ビットコインを理解するのはP2Pを避けては通れない。

こんばんわ、竜崎です。

ビットコインについて調べていると「P2P」というワードがよくでてくるかと思われます。

P2Pシステムはビットコインを支える重要なインターネットの仕組みの一つです。

理解するのに学生の方でも初心者の方でもそこまで難しくはないので、詳しく説明して行きたいと思います。

 

P2Pとは?

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 URL: http://mangaonweb.com/

 

PSPは”peer to peer”の略で複数のPCでネットワークを互いに協力しあいながら構築して行く方式の一つです。

※peerは日本語で仲間や同等などの意を指します。

サーバーを介さず直接PCや携帯端末間でのやりとりができ、これをお金に例えると、銀行を無くして個人同士でお金のやり取りができるってことで、それを可能にしたのが仮想通貨(ビットコイン)です。

 

 

 

グーグルでなにか調べると、グーグルのサーバーへ質問が投げかけられ、それがグーグルのサーバーから返事が帰ってきて検索結果として表示されます。

この流れを行なっている人世界に何人もいますよね。

これを維持するとなると相当なサーバーコストがかかりますし、もしアクセス数が増えすぎてサーバーがダウンしてしまったり、ハッキングを受けるなどがあればもうサイトを開く事はできません。

このサイトもアクセス数がとても多くなる時がありますがその時は読み込みが遅くなります。

この従来のサーバーにどうしても情報処理に負担がかかってしまうネットワーク方式をクライアントサーバーシステムと言います。

 

 

そこでこのp2pネットワークを構築することで一つのサーバーに情報が集中していた時とは異なり、皆さんが使うPCや携帯端末に情報処理が分散されるようになったことでアクセスの増えすぎによるサーバーダウンやハッキングによるダウンのリスクが格段に下げることができるようになりました。

 

 

 

 

とてもこれから期待できそうなにおいはしますが、もちろんデメリットもありますのであとで説明します。

 

 

p2pが使われている身近なサービス

 

これを聞くとよりp2pに親近感を持っていただけると思います。

実はあの有名なLINESKYPEなどはp2pシステムによって成り立っています。

世界どこへ言ってもワイファイさえあればほぼ無料で通話できますよね。昔は国際通話なんかだとすごく高い通話料金が取られましたが、今ではほぼ無料でできますよね。

 

これって実はすごい事ですよね。

 

p2pでのネットワーク構築により圧倒的に通話コストが安く削減できているから無料でサービスが実現しています。

これがもしクライアントサーバー型だと大勢の人が一気に電話するのに耐えるサーバーを用意しなければいけないので、とてもタダでは提供するこは不可能でしょう。

 

 

 

p2pとビットコインの関係性

p2pシステムは一つのサーバーではなく、各PCや携帯端末に情報管理を分散する事でリスクを少なくするネットワーク構築のシステムですが、これを通貨のやりとりでやってしまおうというのがビットコインです。

ただし、p2pシステムを決済や送金に取り入れる事は以前から懸念されていて、情報管理が、一つでなくネットワークの中で自由に共有されることからセキュリティの面で弱くなってしまっていました。

そこで登場するのがブロックチェーン技術です。

ブロックチェーン技術の登場によって決済や送金手続きをp2pで実現でき、手数料を格段に安くことが実現。

これが最近話題のビットコインのすごいと言われる理由です。

 

p2pのメリットデメリット

p2pのメリットはインターネットの情報処理の負荷が一箇所に集中しないことです。

インターネットはここ20年で急速に普及し、これから自動運転やドローンのようなIOTに登場で人類はますますインターネットなしでは生活できないようになって来ています。

ここで問題になってくるのが従来のクライアントサーバーシステムのままだと情報処理負荷が一箇所に集まる仕組みなので、それ相応のサーバーコストをかけなければ行けなくなります。

そうなってくると莫大なサーバーコストをかける事ができない企業も多くあるとおもうので、p2pシステムがこれから普及していくことは日本のIT業界の発展を促すことにも繋がります。

 

デメリットとしてはやはりまだ情報を共有していることからそこで流通しているもののセキュリティ性にかけているというところですよね。

そこをこれからブロックチェーンの技術で補っていくことによってこのデメリットも改善していく方向に向かっていくと思われます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

p2pのシステムはかなり前から考案されていて、ビットコインはそれの進化系みたいなものです。

実はビットコインは超近未来のように果てしなく理解し難いものだと思っていた方も多いかもしれませんが、意外と着々と人間が進歩して来た身近なものの延長線上にあったものなんですよね。

なのでこれを気にビットコインについてもっと興味を持っていただければ嬉しいです。

ブロックチェーンとビットコインとマイニングの関係性を徹底解説。

2017.12.06

【完全保存版】仮想通貨で稼ぐ!始め方、おすすめ取引所、ビットコインとは?わかり安く解説

2018.01.21
仮想通貨、アフィリエイト、就活、東南アジアに関して質問等あれば気軽にTwitterにDMしてください!



おすすめ取引所


おすすめICO(バンクエラ)




仮想通貨の銀行を建設するために資金調達中。

2月末までに200億円集める予定スペクトロコインへの上場が決定しております。

アドバイザーにXEMの代表がいることや、ICOの中でもとても手堅い印象を受けます。

興味がある方はよかったらみてください。

bitbank(XRP買うならここ!)



XRPを国内で買うならここが一番安くておすすめですよ!

bitbankのユーザー数はどんどん増えてるんで 早めの開設をおすすめします。

しかも取引手数料全て無料キャンペーン中です!

絶対に開設マストです!

QUOINEX(中級者むけ)



日本だけでなくアジアにも展開し、海外取引所と10社以上と提携しているのでスプレッドが狭いです。

これから上がる可能性が高いQASH取り扱い唯一の取引所なのでCheck!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です