ビットコインは通貨、電子マネーは決済手段。二つの違いとは?

こんばんわ竜崎です。

「ビットコインってなんやねん?」「インターネット上の通貨?」「電子マネーとどう違う?」みたいな疑問を抱いてる人も多いんじゃないでしょうか。

 

みんなはどんな風に理解してるのかな〜って実際ネットで調べても見ると

“ビットコインは個人間で送金できるけど、電子マネーは無理だ”

“ビットコインは世界で使えるけど、電子マネーは発行元の範囲内でしか使えない”

とかそおいった違いを挙げられてました。

 

実際この記事でも上記の違いについても書きますが、電子マネーだってこれから個人間送金が普及していくでしょうし、世界で使える電子マネーだって最近出てきてるくない?

もっと明確な違いってないの?って思ってたんで今日は徹底的に違いを解説して行きたいと思います。

ずばり明確な違いは“ビットコインは通貨と電子マネーは決済手段”です。

 

そもそもビットコインとは

ビットコインとはP2Pシステムによって発行元運営元がいなくても昨日する決済プログラム。管理者が一人ではなく世界中のビットコインに携わる人が管理者で、送金や決済情報をオープンにすることで互いに監視しあい、高いセキュリティを実現。その決済、送金情報を書き込んだものをブロックといい、それが鎖のように連なったものをブロックチェーンという。

ビットコインの説明するとめっちゃ話難しくなっちゃうんで面倒な人は、新しい、全世界で使える、価値変動の激しい、通貨で覚えてもらえればOK(笑)

 

そしてそのブロックに情報を記入し、p2pシステムの維持に貢献(マイニング)した人たちに配られる報酬が1BTC(ビットコイン)みなさんがご存知のビットコインになります。

日本円やドルと同じく独立した新しい通貨です。

 

電子マネーとは?

電子マネーは日本円に依存した日本でしか使えない、日本という担保ありきの決済方法です。

例えばsuicaでしたらsuicaにお金をチャージ(先払い)しておきますね。

suicaを使ってコンビニで商品を購入すると、コンビニが後からJRヘ請求する事になります。JRは先払いしていた預金からこれを支払います。

電子マネーは「事前に預けたお金で発行元(この場合はJR)が決済を代行してる」新しい決済の手段なんです。

これだけでもビットコインとは全然違う事がわかりますよね。

では具体的にどこがどう違うのか見て行きたいと思います。

 

ビットコインと電子マネーの違い

決済に使える範囲の違い

ビットコインは現状世界で使える通貨ですが、電子マネーはあくまで円に担保された日本でしか、しかも発行元の範囲でしか使うことができません。

例えばSUICAWONなどの電子マネーは海外でも使えるかというとそうではありませんよね。

ですが、電子マネーだって負けていません。全世界で使える電子マネー「Visa payWave」というものがもうすぐ日本に上陸しますので、正直ここの違いは今だけだと僕は思います。

あくまで現状の違いですね。

レートがあるかないか(重要)

ビットコインには相場があり※ボラリティがあります。(※値動きが激しいこと)

 

その性質のため 株のような投機目的でビットコインを所持している人が日本には多いと思います

 

それに対して何があっても国に依存し、1円は1円のままです。電子マネーは決済をスムーズにさせる目的で使われています。

 

個人間で送金ができるかできないか

ビットコインではQRコードかアドレスを入力するだけで、すぐに個人間でデータ上のお金のやりとりができます。しかも手数料は格安です。海外でもOK!

この仕組みは流行りの※クラウドファウンディング(※成し遂げたい事があるけどお金が足りない人が不特定多数の人からお金を集めるしくみ)や貧しい人たちへの募金活動との相性がよく、ビットコイン怪しい、詐欺だ、などのネガティブなイメージを払拭してくれる一つの要因になっていくんじゃないかなと私は思います。

コインチェックがコインチェックドネイトというサービスをやっているんでよかったらみてください。

皆さんもぜひビットコインで儲けることができましたら寄付してみてください。

 

コインチェックドネイト

 

 

一方電子マネー(suicaやwon)で個人間でのお金のやりとりはできませんよね?

現状では日本では普及していませんね。

ただし、個人間でデータの送金のやりとりができるサービスはまだ普及していませんがたくさんでてきています!

  • LINEpay
  • kyash
  • paymo

などなど、日本の電子マネーも負けていません。いずれにせよできるようになるでしょう。

その際はビットコインのブロックチェーン技術を応用する事になるのかもしれませんね。

 

 

価値を保証してくる元があるかないか

ビットコインには管理者がいない事は先に言いましたよね、仮想通貨は流動生があり価値はみんなが持つから価値があります。

電子マネーはあくまで円の担保があるから価値があります。発行元つまり管理者の日本の外に出る事はできないですね、そこが大きな違いです。

 

 

ビットコインのメリット、デメリット

ビットコインは個人間の送金、手数料の安さ、全世界でつかえる✨

と華やかなイメージもありますが、実際に送金スピードが早いかと言うとそうでもなく、またボラリティが激しいため、価値が安定するまでは決済手段としてビットコインで買い物をすることはまだ難しいでしょう。そのため今はビットコインは完全に投機目的で持っている人が多いのが現状ですね。

 

電子マネーのメリットデメリット

電子マネーは価値が日本円で担保されているので、私もsuicaを使っていますがなにも心配ないですね。安心して決済をする事ができます。決済がスムーズですし、小銭を出すのに時間もかかりませんし、ポイントはたまりますしいい事は多いです。

デメリットとしてはセキュリティが弱い事や一回チャージしてしまうと円に戻すのに手数料を取られたり、残高確認しにくかったり色々とデメリットもあります。

まだまだ個人間で送金するサービスが出てきているものの、面倒だったり、日本にはまだ普及できていないのでこれからの動向に注目ですね。

 

まとめ

ビットコインは投機目的の通貨です。円やドルとは違いデータ上の仮想通貨ですが、円やドルと同じように相場は変動する通貨です。決済手段の側面もありますが、現状のボラリティでは厳しいでしょう。

電子マネーは貨幣を使わないで決済できるための仕組みです。

全然違いますね!!!以上!!

 

 

仮想通貨、アフィリエイト、就活、東南アジアに関して質問等あれば気軽にTwitterにDMしてください!



おすすめ取引所


おすすめICO(バンクエラ)




仮想通貨の銀行を建設するために資金調達中。

2月末までに200億円集める予定スペクトロコインへの上場が決定しております。

アドバイザーにXEMの代表がいることや、ICOの中でもとても手堅い印象を受けます。

興味がある方はよかったらみてください。

bitbank(XRP買うならここ!)



XRPを国内で買うならここが一番安くておすすめですよ!

bitbankのユーザー数はどんどん増えてるんで 早めの開設をおすすめします。

しかも取引手数料全て無料キャンペーン中です!

絶対に開設マストです!

QUOINEX(中級者むけ)



日本だけでなくアジアにも展開し、海外取引所と10社以上と提携しているのでスプレッドが狭いです。

これから上がる可能性が高いQASH取り扱い唯一の取引所なのでCheck!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です