ブロックチェーンとビットコインとマイニングの関係性を徹底解説。

こんばんわバンクLです。

皆さん仮想通貨について勉強はしていますか?まだ仮想通貨というものがどおゆうものか理解できていない学生はこのブログで早く勉強してくださいね(苦笑)

最近取引所を開設し本人確認書類を待っている間にビットコインについて勉強しようとしているそこのあなたは優秀です。

仮想通貨(ビットコイン)について理解を深めようとすると、マイニング、ブロックチェーン、ハッシュ関数etc、、色々とややこしい言葉がでてくると思います。

今回はそれらすべてを理解できるようにわかりやすく大学生の視点から考察してみたのでぜひ最後までお使いください。

ブロックチェーンとビットコインとマイニングの関係性

仮想通貨(ビットコイン)を理解するためにはまずブロックチェーンとマイニングに関して一緒に理解することが不可欠です。

まず簡単に関係性を説明すると、ビットコインの中央集権を置かない分散型台帳ネットワークシステムを実現するためにはブロックチェーンの技術が必要で、そのブロックチェーンの技術を実現するにはマイニングという作業が不可欠なんです。

もう訳がわかりませんねww

それではひとつずつ解説していきたいと思います。

ビットコインの特徴

  1. 国際送金が安くなる
  2. 取引データが分散されて保存されるので、一つの場所がハッキングやサーバーダウンしてしまっても正しいデータが分散されているのでセキュリティ面で優れてる
  3. 第三者を必要としない取引を実現(マネーの民主化)
  4. すでに多くの国に浸透し、あと一息で一気に普及する可能性がある

ビットコインは決済の革命と言われていて、今までお金の送金や決済に関しては国や銀行、大手企業など大きな資本を持ったところが仲介に入り代行し、ビジネスを展開してきましたが、仲介業者なしで安心して決済を行える仕組みが誕生したことにより、マネーの民主化が起こり、個人間でのお金のやりとりがこれから活発になり新しいビジネスがどんどん生まれる可能性が広がりました。

始まりは2009年13日にうまれたナカモトサトシのビットコインに関する論文がほったんです。

その論文を和訳してくれている記事はこちら

ビットコインは2009年に生まれここまでずっと右肩上がりで価値が上がり続けています。

仮想通貨取引に参入してる割合は日本が30%にも及ぶみたいです。

日本ではアフィリエイト、インフルエンサーの煽りから「寝ていてもお金が増える」というナンセンスな言葉で投機目的として急激に広まりました。

ブロックチェーンの特徴

ビットコインの

  • 国際送金が安く早い
  • セキュリティが強い
  • 決済の民主化

を実現するためにはブロックチェンーンが不可欠です。

ブロックチェーンとは(分散型台帳ネットワーク)ともいわれますが、文字通り、台帳(お金のやりとりを記録する場所)をみんなで監視し合って管理すれば誰も不正できないし一つの場所に取引データを集めず参加者全員に分散することによってハッキングされても大丈夫!!というシステムです。

もともとビットコインができたきっかけは「決済とか送金関連のビジネスを大きな資本を持ったところが牛耳っているのは気に食わねえな」俺たちで新しい決済プラットフォームを作ってしまおうぜ!という世界のガジェットオタクたちにによって作成が進められました。

ただ、そんなものをつくられると現在の銀行や国がよく思うはずがありません。立場が無くなりますからね、なのでこのプロジェクトはなんども潰されてきたみたいです。

そこで出てくるのが非中央集権のシステムが発足、誰がつくったかわからない、データを分散管理すればこのプロジェクトは潰されない!ということからはじまったのがブロックチェーンの非中央集権化なんです。

分散型台帳

ブロックチェーンは分散型台帳ネットワークを使うことで、第三者の仲介をなしに決済ができ、セキュリティも強化できています。

引用元;ガイアックス

この画像がすごくわかりやすいので引用させて頂きました。

本当にこの画像のとおりみんなで台帳を監視し合おうという仕組みです。

ブロックチェーンとは、ブロック(台帳)が鎖にように連なる様子を言います。

1ブロックに一定の取引履歴をためることができ、それが何個も連なってつくられていく、取引履歴です。

そしてこのセキュリティを最強にするために、取引ごとにデータを16桁以上の乱数(ハッシュ関数)に暗号化しています。

また新しく生成されるブロックに直前のブロックのデータを少しいれることによって、もしデータ改ざんがあればそれ以降のデータに不具合が生じるので不正が必ず発覚するというシステムをとっています。

要するに取引データが少しでもおかしいなとなれば世界中の機会が感知してその取引を無効にすることができるということです。

ここで監視するのは我々人間の肉眼ではなくコンピューターだということも重要です。

そしてブロックチェーン技術を運用するに莫大なコンピューターが必要になります。そのお手伝いをして報酬としてコインをもらうことを一般的にマイニングといいます。

マイニングの特徴

マイニング(採掘)とはブロックチェーンが技術を円滑にするために、コンピューターで台帳に取引データを記入するお手伝いをして報酬としてコインをもらうことです。

記帳してコインをもらえることから金を採掘することににているのでマイニングという言葉がつけられたのでしょう。

ブロックチェーンを運用するためには大量の電気代とコンピューターが必要です。

なぜ必要かというと台帳に記帳する際に16桁以上の乱数の暗号のロックを解除して台帳を記入しなければなりません。

そのロックを解除するにはコンピューターの演算システムで計算を式を打ち込みまくって確率論で解除する必要があり、その計算に莫大な電力を消費してしまうようです。

そしてそのお手伝いにコンピューターと電気代を提供した見返りとしてビットコインをもらうことができるのがマイニングです。

ワードおさらい
・ビットコイン:仲介者なしで決済でき、国際送金も自由にできる金融革命をおこした取引プラットフォーム
・ブロックチェーン:ビットコインの非中央集権の決済ネットワーク構築の象徴。取引データをブロック状に記録しそれが鎖のようにつらなった様子が由来。
・マイニング:ブロックチェーンの仕組みを維持するためにコンピューターと電力を提供し、対価としてビットコインをもらうこと。

 

まだ日本はブロックチェーンを応用できていない

今のところ日本で盛り上がっている事業は

  • ICO(仮想通貨を発行して資金調達をする方法)
  • 取引所のアフィリエイト
  • 取引所の手数料ビジネス
  • 投機

以上の4つに感じます。

まだ出てきていないだけかもしれませんが、日本ではブロックチェーンの技術に投資するというよりかは価値があがることによって投機目的の興味と取引所の高額なアフィリエイト報酬目的で参入しているひとが多いんじゃないかなと思いますし、私自身全然投機目的でやってます。

最初はどうであれ広がりを見せたので、2018年は本当にビットコインやイーサリアムが実用化されていく年になっていくんじゃないかなと思っています。

ブロックチェーンの安全性

ブロックチェーンは結論から言うと銀行よりも安全です。
銀行は自社でデータ分散していますが、それでも毎年データ改ざんや、銀行員のデータ入力ミスや故意に改ざんし預金の横領などの事件は今でも年間億単位でおきてることが事実です。
金融の問題で人間が関わる限りこの問題はなくならないと私は考えていますし、仕方がない事です。
別ににここで銀行のセキュリティ面を悪く言って注意喚起するつもりはありませんが、ブロックチェーンの登場によって一つの場所にデータをおいておくのではなく、お互いが監視仕合い、リスクを世界に分散する技術が金融業界をひっくりかえすことは間違い無いでしょう。
大手銀行が次々とこのブロックチェーンの技術を今後とりいれていくでしょうね。

 

ブロックチェーンはどのように応用されていく?

  • 支払い
  • IoT
  • クラウドファンディング
  • データ証明
  • 個人の特定
  • 食品管理
  • 不動産取引
  • 株式取引
  • 仲介サービスメルカリ等
主にお金のやりとりの面で今後活躍していくでしょう。
皆さんの知らないうちに使ってるサービスがビットコイン決済になる日も近いかもしれません。
仲介業がビジネスモデルのインターネットサービスのメルカリや株式取引なども手数料が安くなれば私たちとしてもとてもメリットのあることだと思います。
あの大手証券会社SBI証券のブロックチェーン導入のニュースが先日話題になり、全仮想通貨の値段も高騰しました。
その記事がこちら↓

個人的に業界がまだまだもりあがると思っている理由

今年から日本の取引上がかなり増えると言われています。

  1. サイバーエージェント
  2. DMM
  3. ユナイテッド
  4. SBI

以上の4社が仮想通貨取引所に参入することが確定していて、これだけの大手がこれから参入するということは仮想通貨のバブルはまだまだ終わりそうにもないな、という見解です。

仮想通貨、アフィリエイト、就活、東南アジアに関して質問等あれば気軽にTwitterにDMしてください!



おすすめ取引所


おすすめICO(バンクエラ)




仮想通貨の銀行を建設するために資金調達中。

2月末までに200億円集める予定スペクトロコインへの上場が決定しております。

アドバイザーにXEMの代表がいることや、ICOの中でもとても手堅い印象を受けます。

興味がある方はよかったらみてください。

bitbank(XRP買うならここ!)



XRPを国内で買うならここが一番安くておすすめですよ!

bitbankのユーザー数はどんどん増えてるんで 早めの開設をおすすめします。

しかも取引手数料全て無料キャンペーン中です!

絶対に開設マストです!

QUOINEX(中級者むけ)



日本だけでなくアジアにも展開し、海外取引所と10社以上と提携しているのでスプレッドが狭いです。

これから上がる可能性が高いQASH取り扱い唯一の取引所なのでCheck!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です